司法書士あさ事務所のブログ

あさ事務所 動物(うさぎ)が仕事のパートナーです

大腸内視鏡検査

少し前に体験した検査のお話です

この体験をブログにすべきかどうか

迷ったのですが…

 

大腸内視鏡検査をためらう方が

女性は特に多いと聞き

参考になればと思い

お恥ずかしながらの体験記です

 

大腸内視鏡検査…

年も重ねて恥ずかしい気持ちは

だいぶ薄くなりましたが

若い頃は

もっともっと恥ずかしいと思っていました

お尻を見られるなんて…

お嫁に行けないかも…とか

笑われて情けない気持ちになるかも…とか

  

しかし、女性のがん死亡率は

大腸がん  1位

 

子宮や卵巣などの

女性特有の予防検診は

よくアピールされていますが

早期発見で生存率の高い

大腸の検診も大切です

 

痛いとか苦しい

という噂もありましたが

私の場合は全く

痛みも苦しみも感じませんでした

感じなかったというより

ほとんど意識なく終わりました

 (↓こんな感じに完全に脱力していました)
f:id:lea2usagi:20210122205634j:image

検査の間

鎮静剤の注射がよく効いていて

お医者さんからの大きな呼びかけに

(かなり大声で呼んでくれていたようです)

うっすら意識が戻りつつ

やっと少し反応できた感じでした

 

大腸の内視鏡検査は

腸の中身を空っぽにする作業が

前日の夜から始まります

 

私は薬が効きすぎたのか

緊張と夜中のトイレ通いで睡眠不足に

検査の時は

鎮静剤の注射と睡眠不足の相乗効果で

効きすぎたのかもしれません

 

そんなこんなで、無事検査は終わり

「こんな楽な検査なんだぁ」

と、余裕の気持ちになりました

 

しかし

安心して検査を終えた翌日

下腹部全体に少し筋肉痛のような痛みが…

その後4日ほど痛みが消えず

ちょっぴり不安に…

辛い痛みではないです

検査のやり方や

体型によって

個人差があるようなのですが

検査後やや痛みを感じる事もあるようです

 

お腹の中で不自然な物体が

動き回っているのですから

腹筋も無理やり動かされていたのでしょうね

考えてみれば

不自然な事をしているのですから

ある程度身体に負担がかかるのは

当然ですね

 

検査で鎮静剤を使うかどうかは

お医者さんによって賛否あるようですが

最近は鎮静剤を使うのが主流のようです

 

鎮静剤を使わずに検査をするには

医師に高い専門技術が求められるそうです

 

鎮静剤を使わないと

やり方が悪ければ痛みを感じるので

医療事故の防止につながる

けれど

痛みを感じることで

検査を敬遠する人が増えてしまう

そうなると

病気の早期発見が難しくなる

…悩ましいですね

 

きっと、今回の検査で

もし痛みを感じていたら

”二度とやりたくない”

ただでさえ恥ずかしいのにっ!

と思っていたと思います

 

検査結果は”異常なし”でした

昨年から下腹部に違和感があったので

検査する事になったのですが

健康なお腹だとわかって

安心しました

これで美味しいものがたらふく食べられます!

 

後日、夫に検査のご褒美をご馳走してもらいましたf:id:lea2usagi:20210122222110j:image
夫と食材に”ありがたや、ありがたや”
f:id:lea2usagi:20210122210103j:image

 

自分の身体を知って安心すると

心も行動も前向きになりますね

単純ですが 

良い方向に進めそうな気持ちになります

 

人との付き合い方も同じように

相手の心身の状態も気遣いつつ

お互いにとって無理なく

良い関係を築きたいものです

  

自分の身体を知るのは大切

とは思ったものの…

高い料金を支払って

自覚症状がない部分を

定期検診するというのは

なかなか気が進まないものです

 

夫に健康診断を進められても

あまり積極的になれなかったのですが

家族の心配は素直に耳を傾けないといけない。

と、頭ではわかっているのですが…

 

自分の健康診断をサボって

明桜(あさ)に

「健康チェックしに動物病院に行こうね!」

と言いにくい…

素直でまっすぐな明桜に

後ろめたい気持ちを見透かされてしまいます

「じぃぃ~」

f:id:lea2usagi:20210122205602j:image

(まっすぐな心で野菜を待っているところです)

 

家族の心配を素直に聞いて

自分の健康と向き合おう…

と、思い直すきっかけにもなった

大腸内視鏡検査の体験談でした

陶芸教室

先日…といっても数ヶ月前の

お話ですが

夫と一緒に陶芸初体験しました

 (その時のブログです)

www.lea2usagi.com

 

陶芸といっても

轆轤(ろくろ)を回して

作るのではなく

粘土遊びのように

好きな形を作りました

 

陶芸というと

ろくろに憧れがあったのですが

実際に

手でコネコネして

好きな物を作ってみると

面白かったです

 

不器用で美的センスのない私です

いびつで素人感たっぷりな物体が

出来上がりました

 

それでも

"私らしい"

へんてこな味のある物体に

愛着が湧きます

 

その物体がこちらです↓

f:id:lea2usagi:20210112222456j:image

ずっと欲しかった物を作ったのですが…

さて

この物体は何かといいますと

 

こんなところで活躍します↓f:id:lea2usagi:20210112222512j:image

”トイレ奥だけ洗浄剤の

お洒落で可愛いウサギの入れ物”

…そんなお品物は、恐らく

欲しいと思う人があまりいないと思われます…

こんな世の中でマイナーな需要は

探してもあるはずもなく…

手作り出来たらいいなと思っていました

 

お洒落とは言えない

独特な置物ですが

ウサギの形があるだけで

プチ嬉しいトイレ空間になりました

 

続いてこちらも独特ですが

夫の作品です

こちらも気に入っています
f:id:lea2usagi:20210112215659j:image

夫婦揃って

芸術センスがないものの…

楽しみながら作り上げた作品は

可愛く見えるものです

 

こちらはこんな風に使います↓f:id:lea2usagi:20210112215721j:image

 

 

うさぎのクッキー型で作った箸置き
f:id:lea2usagi:20210112222812j:image
真ん中にくぼみがあり

丸い尻尾をつけたのは

箸が転がらないようにするため

陶芸の先生のアイディアです

(さすが先生!!)



残った土で作ったうさぎ
f:id:lea2usagi:20210112222833j:image

愛嬌たっぷりで憎めない姿ですが…

うさぎに見えない

 

うさぎって

こんな顔でしたっけ…

「…んん?」
f:id:lea2usagi:20210112221924j:image

あ、あれ…

ちょっと…

似てる気がしてきませんか?

アルコールロボ

役所で出会った

コロナバスター

アルコールロボット君です

f:id:lea2usagi:20210112215318j:image

興味本位で手を伸ばしてみたのですが

ロボット君は固まったまま

 

私は彼の好みではなかったのでしょうか

フラれたような切なさ…

 

子供のように張り切って伸ばした手を

ちょっと恥ずかしく感じながら

隣の手動ボトルで除菌しました
f:id:lea2usagi:20210112215351j:image

可愛くて、除菌したくなるのですが

ロボットが動かない時

手動では操作が出来ないので

少し困るものですね…

 

スーパーやコンビニの入り口で

お店の方が消毒スプレーを持って

シュシュっとしている姿を

時々見かけていましたが…

 

コロナの影響で

今後、ロボットの活躍の場が

増えるのかもしれませんね

 

医療現場でも活躍出来るロボットが

増えていくのでしょうか

 

さて

我が家に唯一あるロボットは

お掃除ロボットのブラーバです
f:id:lea2usagi:20210112221554j:image

 

 以前、ウサギさんブロガーの

よねこさんのお家にも

同じロボットがいると知りました

www.spicy-mameko.com

こちらの記事はブラーバが主役ではありませんが

お家の中でよねこさんを支えている事がわかり

ほっこりしました。

 

 

好きなブロガーさんとの

小さな共通点を見つけると

なんだか嬉しく感じるものですね

 

可愛いうさぎのつくねちゃんと

お掃除ロボット(よねすけ君)の相性は

どんな感じなのかな…

怖がったりしないのでしょうか

他の動物のご家庭はいかがでしょうか?

 

他人のお家うさぎさんの様子を知る事は

とても学ぶことが多いです

ブログでしか会えなくても

愛しさも感じます

 

どんなに本やセミナーで勉強しても

わからない事だらけで

私は先代の”もも”と”明桜”の2匹しか

実際の”うさぎと人の共同生活”を知りません

 

なので、他のご家庭の

”うさぎと家族のお話”は大好きです

生の現場(表現が事件みたいですが…)

学べるチャンスなのでありがたいです

そして、好きなブログを読むのは

純粋に楽しいです

 

話を戻しまして

明桜(あさ)とロボットの相性ですが…
f:id:lea2usagi:20210112221801j:image

積極的に近寄るので

怖くはないようですが

 

ウサギさんの齧りたい本能(?)が

うずくようです

f:id:lea2usagi:20210112221645j:image

ロボットにとっては

明桜は恐ろしい存在かもしれません

 
f:id:lea2usagi:20210112221620j:image

 購入してまだ2,3年と思っていたのですが

2017年製。

年月の経過はあっという間です

もうすぐ明桜は3歳半になります

 

昨年の明桜は

体調を崩す事が少なく

むしろ今まで一番

心身共に元気な一年でした

 

感情もますます豊かになり

私を追いかけて来たり

からかうように

絡んで来る事が増えて

癒されます

 

素直で自由奔放

でも

不必要な欲は持っていない

彼の生き方から

見習う事がたくさんあります

 

コロナで混乱し始めている時に開業して

不安な気持ちの中

活発な明桜に

支えられ続けています

 

皆さまのご家庭の動物たちも

きっと皆さまを支えていることと思います

動物たちのこのすごい能力は

ロボットには難しいですね

モウモウとあさ、悶々と私

「これはなんだ?!」

f:id:lea2usagi:20210108195510j:plain

明桜(あさ)くん、”うし”さんです

 

「なんなんだ??!」

f:id:lea2usagi:20210108195515j:plain

ゆるい癒しの表情のうしさんに

緊急事態の明桜(あさ)です

 

ごめんね…

驚かせてしまいました

(危険ではないと判断したらしく

すぐに興味がなくなりました)

 

後見のお仕事で

銀行手続きに行った際に頂いたものです

温かい雰囲気の行員さんが多くて

好きな信用金庫です

 

毎年"干支貯金箱”もらえるそうです

明桜は牧草やペレットを入れるほうが

喜びそうですが

 

 

だいぶ昔…

昭和の時代のお話になりますが

金融機関や商店では

年末年始に限らず

オリジナルグッツをもらう機会がありました

タオルやお皿や日用雑貨

思い出すと可愛いものが多かったです

バブルがはじけて不況になり

今では本当に少なくなりましたね

 

オリジナルグッツを大量に配ったり

粗品を持ってご挨拶周りに対しては

賛否両論聞きます

 

昨年のコロナの影響で

失業率・廃業率をニュースで見るだけでなく

時間短縮の減給・人員削減解雇・倒産・廃業を

目のあたりにしました

 

どんな行為や物作りにも

人の労働力が必ずあってこそ…

そうやって連想するようになりました

 

既存の行為や物がなくなる代わりに

新しく労働力を必要とされる機会は

あるはず…

 

上手く回っていないのは

コロナのせいだけなのか

 

世の中の事にも

経済学にも疎く(その他もですが)

難しい事はわからず…

悶々としてしまいます

 

未熟者ながらに

私が社会の中で

役に立てる事はなんだろうかと

ちょっぴり、ちょっぴり

考えるようになりました

いま、役に立つ労働力ってなんだろうかと

 

正直

私は自分の事で精一杯なのですが

 

開業してから

出会う方々が素敵な方ばかりで

刺激を受けます

自分の未熟さも痛感します

誠実で、温かくて、優秀で、お茶目で、まっすぐで…

一人一人の人から

多くの魅力が溢れ出てきます

人間ってこんな魅力があるのかと

感心するくらいです

 

刺激を受けて

背伸びした考えを持ち

悶々とするものの…

 

考えるだけで湯気ばかりが出てしまい

明桜に逃げられてしまいます

「つまんないっ」

f:id:lea2usagi:20210108204841j:plain

目の前にいる

依頼者の方や関りを持った方々を

大切にして

一歩一歩進むのが精いっぱいですね

 

明桜を追いかけるのも

精いっぱいです…

なんせ

元気いっぱいの明桜くんは

とにかく素早いのです

旧年のお礼 本年のご挨拶

先日

事務所近くの鶴見神社にお参りに行きました

 

松の内も過ぎた平日の昼間だったので

境内は空いていて

数人見かける程度でした

f:id:lea2usagi:20210108173643j:plain

 

昨年

あさ事務所を開業してから

出会うことの出来た

たくさんの大切な方々の顔を思い出しながら

「ありがとうございます」

と、感謝の報告をして

手を合わせました

 

気軽に人に会うことの出来なかった一年の中で

”人に恵まれたからこそ

乗り越えることが出来た”

と実感します

 

今年は

出会った方々の笑顔を想い浮かべて

「この笑顔がたくさん見られますように」

と、願って手を合わせました

 

 家族の健康と幸せも 

f:id:lea2usagi:20210108182921j:plain

(もちろん私自身も)

しっかりお願して…


…10円のお参りで

お願いするには

ちょっと多すぎかもしれませんね…

 お願いを少し減らして

 

自分の健康は

うがい・手洗いで守ることに

 

自分の幸せは

f:id:lea2usagi:20210108182935j:plain

うさぎの明桜(あさ)から

毎日頂けそうです

 

私にとって明桜は

神さまでもあるようです

丑年のうさぎ

今年の主役は”うし”さんですが

うさぎ好きは

やはりうさぎさんの出番が欲しいな…

と思ってしまいます

 

そこで

本年の年賀のご挨拶写真はこちらでした

f:id:lea2usagi:20210108164809j:plain

毎年末

賀状作りがギリギリになり

郵便配達員の方が

どんなに頑張って下さっても

元旦には到着しないような

年越しギリギリにポストに出します

 

「もっと早く年賀状の準備をすればよかった…」

毎年、最後の反省は同じ事です

そして

その反省を活かせず、年を重ねています

 

こちらはおまけ
f:id:lea2usagi:20210108164705j:plain

 

年賀状は毎年

その年の旅行の写真を

素材に使っていたのですが…

年賀状作りにも

外出自粛の影響を感じました

 

写真がないので

少しでもほっこりするような年賀状を…

と思い

”うしうさぎ””を手作りして

撮ったのですが

 

自己満足かもですね

 

「ストーリー性があってよいね」

と言ってくれた

夫の優しさに温かさを感じ

単純で幼稚な自分に

恥ずかしく思いつつ

嬉しかったです

 

年末はそんな

おうち時間を過ごしました

 

本年もまた

あさ事務所とご縁を感じて下さる方々を

大切に出来るよう

精進致します

明桜、ご出勤

数か月間の

事務所ビルの修繕工事が

終わりました

ので…

 

やっと

明桜くんのご出勤です

 

久々の事務所なので

心配だったのですが

 

自宅にいる時と同じように

食べます

飲みます

「ごちそさまっ」
f:id:lea2usagi:20201116185611j:image

食事の後は

いつもとおり

毛づくろいを念入りに

 

明桜の事務所だと

わかっているのでしょうか

「よいしょよいしょ」
f:id:lea2usagi:20201116185621j:image

お顔を洗う姿は

つい

お祈りをしているように見えてしまいます

 

”温かく誠実に、あさ事務所が成長していきますように”

と願ってくれているとよいのですが…

 

「・・・」
f:id:lea2usagi:20201116185550j:image

何もない壁をずっと見つめていました

何か見えるのでしょうか…

 ちょっと怖い

見つめている方向には

今年の夏に

お仕事を導いてくれた神社(※)があります

なんだか不思議です

 (※)神社のお話はこちらです

www.lea2usagi.com

 

「もぐもぐっ」
f:id:lea2usagi:20201116185629j:image

毛の抜け変わり中で

おもしいお顔になっています

 

今日

介護関係の業者さんが

事務所にご来所されました

 

きっと明桜は

怖がってケージの隅に隠れちゃうかな

と、思っていましたが

隠れるどころか

優しいお兄さんたちから

シソと春菊をもらってご機嫌でした


f:id:lea2usagi:20201116185646j:image

なんでも興味津々な明桜は

人間にも興味津々のようです

 

明桜は小さい頃から

度々、体調を崩しては

動物病院にお世話になり

獣医さんやスタッフの方々に

優しくしてもらっていました

そのおかげか

慣れない場所や

知らない人に対しても

あまり怖がらないようです

 

そんな明桜の存在は

私の仕事の仕方にも

影響があります

 

心と身体の息抜きが下手な私は

一人でいると

休憩なしで黙々と仕事をして

煮詰まる時があります

 

明桜が事務所にいて

かまってアピールに応えていると

自然に息抜きになっていました

 

うさぎさんに

仕事のペースを導いてもらっているようです

 

ゆっくり丁寧に確実に

明桜がいると

”温かく誠実なあさ事務所”が

想像できます

 

さすが

所長うさぎさんですね

「まったり…」
f:id:lea2usagi:20201116225729j:image

お、大きな背中ですね…

 

一日ご出勤で

きっと疲れたはずです

明桜くん

おつかれさまでした

 

ありがとう

お気に入り

明桜くん

最近イチバンの

お気に入りグッツがこちら

「わぁい♪」
f:id:lea2usagi:20201023082859j:image

うさぎさん袋です

おちゃめに踊るうさぎさん柄

可愛いです

コミカルさは

明桜にも通じるところが…


「ん??」
f:id:lea2usagi:20201023082922j:image

中に入ったら出口がわからなくなかも…

と心配症の私は

袋を少しめくって

彼の様子を見るのですが

 

「なにっ?」
f:id:lea2usagi:20201023082912j:image

"のぞかないでよ"

とでも言いたいのでしょうか

 

自分だけの秘密基地を

お楽しみ中だったのかもしれませんね

私の心配は無用だったようです


「くんくんっ」
f:id:lea2usagi:20201023083136j:image

袋をかじってお腹におさめては困るので

傍で見守っています

 

見守っている時はかじらないのですが

ちょっと目を離した瞬間に危うく…

なんてことはあります

私が焦るとわかっていて

わざといたずらっ子しているのかと思うくらい…

不思議です

 

「ふぅ~」
f:id:lea2usagi:20201023083121j:image

秘密基地を満喫した後は

敷き布団にして休憩

こんなに気に入ってくれるなんでて

私のこころも

柄のうさぎさんのように小躍りです

動物好きの反省

街中で動物に出逢うと

嬉しくなってしまい

つい、写真を撮ってしまいます

f:id:lea2usagi:20201027125126j:image

マリーゴールドとすすきの山畑

植物たちも綺麗で

癒されるのですが

 

撮りたかったお相手は

写っていません

 

私が撮る直前まで

マリーゴールドの上に

たくさんの雀さんが

ゆらゆらしていました

 

とても可愛らしくて

心和む光景だったのですが

スマホを向けた瞬間

草木の間に

隠れてしまいまいました

 

雀さんたちを

怖がらせてしまったのです

 

また、別の日のお話

 

ナナホシテントウさん発見

f:id:lea2usagi:20201026091557j:image

ゴルフの打ちっぱなし場で

出逢いました

 

こちらに気づくと一目散に…

 

「バケモノだぁ~!」
f:id:lea2usagi:20201026091829j:image

私の好意は伝わらず

またもや

怖がらせてしまいました

 

逃げる先を追っていると…

「にげろにげろっ!」
f:id:lea2usagi:20201026091841j:image

ラッキーな写真を撮らせてくれました

たまたま

7番打席で練習していたのですが

ナナホシさんの特等席に

お邪魔してしまったのかもしれません

 

なんだか、わたくし

嫌がる相手を追いかけ回す

パパラッチのよう

 

法律の仕事をしていて

動物達のプライバシーも

守られるべきものだと

思うようになりました

 

"動物のために法律を!"

そんな思いが当たり前の世の中に…

そんな大きな願いを

抱いておりますが

 

私の気持ちが優先してしまい

相手(動物)にストレスを

与えてしまう事もあるんだ…

と、切ないながらも反省です

 

プロのカメラマンや

上手に写真を撮れる方々は

まずは動物達を観察して

信頼関係を築いてから

写真を撮るのでしょうね

 

会話が出来ないからこそ

時間をかけて

相手に寄り添う気持ちが大切なのですね

自分の気持ちは

少し横に置いておくくらいが

ちょうどよいのかもしれません

 

明桜がすぐ傍で

写真を撮らせてくれるのは

心を許してくれているから

なのでしょうか

「ん?」
f:id:lea2usagi:20201026124225j:image

食べ物につられているだけ

なのかもしれませんが…

 

 

「なにもってるの?」

f:id:lea2usagi:20201026124307j:image

…ち、ちかい

この写真では

どんな動物だかわかりませんね

 

近いと

ピンボケかヘンテコ写真しか

撮れませんが

 

近くで撮れる事を

幸せに感じます

 

今日も近くにいてくれて

ありがとう

陶芸教室

毎年10月

地元はハロウィンのイベントで

盛り上がるのですが

今年は静かで

少し寂しいです

f:id:lea2usagi:20201019084038j:image

季節の行事やお祭りは

中止になってみて

人の心にとって

大切なものだっのだと

実感します

 

個人的なイベントですが

芸術の秋の気分を

味わってきました

初めての陶芸体験です

 

土をコネコネして

陶芸の先生に丁寧に教えて頂き

仕上げを手伝ってもらって

やっとこさ

作ることが出来ました

焼き上がりは12月

完成が楽しみです

 

「こねこね?」
f:id:lea2usagi:20201019084048j:image

穴ウサギさんは

自らの生きる知恵で

土をホリホリして

安全な棲みかを作るのですね

動物の生活の知恵には

感服します

 

明桜は

土をホリホリしたことがないので

いつか初体験をさせてあげたいな…

と、夢見ています

実現出来るとしたら…

お風呂場で

子供用のビニールプールを膨らまして

たくさんの土を入れるとか…

その後の処理を考えると

ちょっと大変な作業ですね

大きな夢です

 

陶芸教室の日

明桜はお留守をしてもらっていましたので

その夜は

明桜が主役となって遊ぶ時間を

たっぷり取りました

「んぐっっ」

f:id:lea2usagi:20201019084122j:image

転がっているチモシーのおもちゃで

遊ぶのが日課のようです

 

「えいっ」
f:id:lea2usagi:20201019084142j:image

不思議な事に

人が見ていると

おもちゃをツンツンし始めて

声をかけると遊び出します

 

「やぁっ」
f:id:lea2usagi:20201019084157j:image

そして

「すごいね」

「がんばれっあさくん」

の応援メッセージで

明桜のテンションは上がります

 

理解しているのかは不明ですが

こちらは

応援のしがいがあって

楽しいです

 

後に写っているチモシーハウスも

転がしていました

 

とっても元気な明桜にとって

この季節は

スポーツの秋

といったところでしょうか

 

ちなみに食欲は

私も明桜も

四季問わず

絶好調です

 

身体が実り過ぎないように

気をつけないと…