司法書士あさ事務所のブログ

あさ事務所 動物(うさぎ)が仕事のパートナーです

明桜(あさ)のゲリラうっ滞

一年を通して油断出来ない

うさぎさんの体調不良

 

昨夕、急なゲリラうっ滞に

私はオロオロしました

 

明桜の体調不良に対しては

いつまで経っても慣れる事がなく

毎度パニックです

 

ゲリラうっ滞と言いましたが

予兆はしっかりありました

対処出来ない私にとってのゲリラです

 

”お腹が張っている”と

獣医さんから黄色信号を

出してもらっていたので

気を付けて様子をみていたのに

力及ばず…

毎度後悔します

 

予兆はあるのですが…

数時間前はおもちゃを投げて

ご飯を食べていたのに

 

全く食べなくなり

苦しそうに動かなくなる

とても辛そうな顔をして

腹ばいになったり

後ろ足を変に伸ばしたり

 

手遅れになるのではないかと

思うほどの様子になるので

焦ります

 

明桜が幼い頃に

自宅の強制給仕だけでは回復できず

ぐったりしたまま

入院してしまった時の事が

蘇って怖くなります

 

あの時一度だけ

強制給仕を嫌がる

明桜に噛まれました

 

嫌な事までして

回復に導けない

無力な自分に悲しくなりました

 

 

黄色信号の明桜は

絶好調ではないけど

食べるし

出すものも出すし

遊ぶし

 

でも

絶好調の時は

もっとテンション高いのに

もっと食に貪欲なのに…

そう感じるものの

 

こんな時

どうしたらよいのか一番悩みます

 

うっ滞にさせては可哀そう

させてはいけないっ

そう思いすぎて後悔が多いです

 

昨夜も

居ても立っても居られず

「うっ滞の症状が出た時に

自宅で出来る事」

をネットで調べてしまいました

 

過去に何度も同じ事を繰り返しているので

知っている情報を繰り返し見る事になります

”自分の気を落ち着かせたい”

だけなのかもしれません

 

同じように

愛うさぎの体調不良と戦い

「無事元気になりました!」

というサイトを見るだけでも

 

”明桜も大丈夫

すぐよくなる

乗り越えられる”

と心の中で唱えます

 

 

「・・・」
f:id:lea2usagi:20200417194054j:image

 

近寄って背中を撫でたものの

あまり触るとよくないかも…

 

このまま翌日まで苦しいのは

可哀そう…

 

すぐ動物病院で診てもらったほうがよいのかな…

 

思い悩んだ末に

休日の獣医さんに連絡して

「全く食べす苦しそうです」

と報告しているところに…

 

 

 

 

「モグモグモグ…」

(ペレット咀嚼中)

 

?!

 

た、食べはじめた!?

 

「むしゃむしゃ…」

(野菜咀嚼中)

 

そして

伸びして、あくびまでしてる!!

 

よかったぁ~!

 

 

よかったけどさぁ…

 

 

そして明桜は本日

朝一番で診てもらい

お薬をもらって

 

モリモリ食べています

 

大好きな薬にガッついております

 

「んまっ」
f:id:lea2usagi:20200417194204j:image

 

薬を入れたシリンジを

ガジガジするので

口の奥に入りそうで

危ないです

 

薬が欲しかったのかしら…

 

 

 

「もっともっとぉ」
f:id:lea2usagi:20200417194219j:image

 

 

 

シリンジを引くと

 

もれなく

明桜が釣れます

 

 

「はなすもんかっ」
f:id:lea2usagi:20200417194247j:image

 

昨日の

もがき苦しんでいる姿は

なんだったのでしょう

 

でも

気を付けないと…

元気っぽい様子ですが

これでも体調不良

うさぎの健康管理は

本当に難しいです…

 

うさぎ道の勉強は

一生かかりそうです

 

少しくらいヒントが欲しいです!